ads.txtを調べてみた

iabからads.txtと呼ばれるRTB取引の透明性を高めるための施策について仕様が固まったらしく、
Specificationが発表されていた。

IAB Tech Lab Ads.txt Specification Version 1.0

ads.txtとは何か?

昨今のRTB取引はものすごく複雑になっており、問題なく配信が行われているのか、どのような過程を経て広告が配信されているか、意図したサイトや意図した広告フォーマットで配信されているのか完全に把握できていないことが多い。また、その複雑性が原因で、ドメインを偽りBuyerを騙す事業者やサイトが増加している。

これらの問題を解決するため、RTB取引における透明性を高めるための施策の一つとして、ads.txtをiabが発表しました。

ads.txtの中身

具体的には、媒体社が、ads.txtという名前のtextファイルを自分達のサイトドメイン上に設置する。
ads.txtの中身には、自分達のサイトを取り扱うことができるアドエクスチェンジ(主にSSP)とそのアドエクスチェンジから発行されている媒体社識別子等を記載しておく。
以下はiabサイトに載っていたサンプルです。

http://example.com/ads.txt:

ads.txtの使い方

ads.txtをBuyer側がクロールしてデータとして保存、bidリクエストの中身とads.txtの整合性を確認して、レスポンスを返すような感じで使われるみたいです。

事業者毎に何をやるのか?

結局、それぞれの事業者毎になにをやらなければならないかまとめました。

  • 媒体社

  • → アドエクスチェンジに自分のPublisherIDとドメインを確認してads.txtを作成し設置する

  • アドエクスチェンジ

  • → 媒体社にPublisherIDとドメインを教える

  • Buyer

  • → ads.txtのクローリングとデータの保存、配信ロジックへの組み込み

こんな感じかと思います。
※間違っていたらごめんなさい。

まとめと疑問点

市場が多くなってきたからこそ、悪いことをする人が増え、それを規制するための方法を考えるという流れで、
至極真っ当な対応なのではないかと思いました。

後、ads.txtについて疑問に思ったこと

  • OpenRTB以外の場合はどうするのか?例えば、ADNWで広告を購入する場合など

  • → ADNWはRTBよりも透明性が高いため気にしなくていいのか

  • RTBのフィラーとしてADNWを表示する場合は、OpenRTBの領域ではなくなるため、関係ないのか

  • → フィルが低いとほぼ、ADNWが表示されたりするけど、それは上記内容と同じことなのか

  • ads.txtのクロールタイミングは?

  • → ads.txtがないところには配信しないのか?確認できたところから配信するとかかな

  • ads.txtがないサイトはどうするか?

  • → 中にはads.txtを作成しないサイトも出てくると思うが、そういうサイトはBuyerから敬遠される?

  • ドメインの価値

  • → そもそもわけのわからないサイトにもads.txtが存在し、bidリクエストに載ってくれば配信するのか?わけのわからないサイトを参画させているアドエクスチェンジの問題?

参照

https://iabtechlab.com/ads-txt/
https://iabtechlab.com/how-to-ads-txt/
https://iabtechlab.com/ads-txt-about/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です